キキョウ(桔梗)咳止めや風邪の症状の緩和に!

【学名】Platycodon Grandiflorus
【別名】キチコウ、アリノヒフキ、 オカトトキ、バルーンフラワー
【将来的なサイズ】高さ:1m 幅:50cm
【花期】7~9月
【原産地】日本、中国、韓国、シベリア
【耐寒性】強い
【利用部分】根
【利用方法】園芸、薬草
【効能】去痰作用、鎮咳効果、鎮痛効果、鎮静作用、解熱作用
【注意点】若干の毒性があるので薬草としての利用は注意を

キキョウは秋の七草のひとつで、各地の山野で自生しており、日本人には馴染みの深い草花です。
桔梗は太く黄色っぽい根が地中深くまで生長し、葉は狭卵形で鋸歯があります。
キキョウのつぼみは花びら同士が風船のようにつながっており、英名では “Balloon Flower” と呼ばれます。
つぼみが徐々に緑から青紫にかわり、7~9月に裂けて星型の花を咲かせます。
花が白花や桃色の花の品種もあります。
その他、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種、つぼみの状態のままほとんど開かないものなどがあります。

【キキョウの効能】
キキョウの根には去痰作用、鎮咳効果、鎮痛効果、鎮静作用、解熱作用等があることが認められており、咳止めや風邪の症状の緩和に用いられます。

【キキョウの利用法】
キキョウの根は昔から咳き止めや風邪の薬として民間療法で利用されてきましたが、若干の毒性があるため、現在では一般的に、花壇に植えたり切り花として利用されます。

韓国ではトラジといい、肥大した根をキムチやナムル、ビビンバなどの食材として利用します。